引越し繁忙期の相場は?繁忙期でも引越し料金を安くする方法

引越し繁忙期

以前の記事でも書きましたが、引越し時期を繁忙期から閑散期にずらすことにより引越し料金を抑えることが出来ます。しかし、転勤や仕事等の事情があり、どうしても繁忙期である3月~4月上旬に引越しをしなければいけなくなったとき、気になるのがその料金。引越し繁忙期の相場はどのくらいなのでしょうか?また、繁忙期に引越しする場合でも、どうすれば引越し料金を安く抑えることが出来るのでしょうか?

簡単!今すぐ出来る引越し料金を安くする4つの方法
新生活に向けた準備に何かとお金がかかるため、引越し料金を安く済ませたいと誰もが思うことでしょう。 そこで、引越し料金を安くすることが出来る簡単な4つの方法をご紹介しま

引越し繁忙期の相場は?閑散期とどのくらい違う?

引越し料金の相場として、繁忙期である3月月末の土日とそれ以外の日を料金を比べてみましょう。
例えば、「アート引越しセンター」の単身パック東京都同一区内での引越し料金は下記の通りです。

>(参考)アート引越しセンター単身引越しスイスイお見積り
http://gaisan-app.the0123.com/

閑散期最低料金:29,943円(4月月中平日フリー便)
引越し閑散期相場

繁忙期最高料金:97,929円(3月月末土日AM便)
引越し繁忙期相場

※概算見積もりですので、実際はさらに安くなります。

アート引越しセンターの単身パックだと、引越し繁忙期の相場と引越し閑散期の相場では、2倍~3倍と差があることが分かります。
SUUMO(スーモ)にも分かりやすく繁忙期の相場が掲載されていましたので紹介します。概算見積もりではなく、SUUMOを利用した人の平均値を掲載していますので信頼性があります。

単身 37,938円~
2人家族 71,308円~
3人家族 89,184円~
4人家族 112,648円~
5人家族 138,474円~

>(参考)SUUMO 引越し費用・料金の相場
http://hikkoshi.suumo.jp/soba/

こちらも引越し繁忙期と引越し閑散期では、平均1.5倍程度、引越し繁忙期の方が高いことが分かります。

引越し繁忙期でも引越し料金を安くする方法は?

引越し繁忙期においても引越し料金は少しでも安くしたいもの。引越し料金を安く済ませるポイントとして、下記の4点を実践することをお勧めします。それぞれ内容を説明します。

ポイント1:フリー便で引越しする
ポイント2:月末を避け、平日を狙う
ポイント3:早めに予約する
ポイント4:大手の引越し業者ではなく、中小の引越し業者と契約する

ポイント1:フリー便で引越しする。

フリー便とは、こちら側からは時間が指定せずに、引越し業者の都合に合わせて引越しを行うことです。一般的に、午前または、午後で時間を指定して、スケジュール決めて引越しを行いたい人が多いため、フリー便は人気がありません。特に、午前に引越しを行い、午後から片付けを行いたい人が多いため、午前便は人気が高く、引越しの予約は午前便から埋まっていきます。
このため、引越し料金は、「 午前便 > 午後便 > フリー便 」の順に安くなります。
例えば、冒頭で説明した「アート引越しセンター」の単身パック東京都同一区内3月末の概算見積もり料金では、
午前便:97,929円
午後便:91,400円
フリー便:83,840円
午前便とフリー便では、約1万5千円の差があります。
引越し料金に安さを求める場合は、間違えなくフリー便がねらい目です。

ポイント2:月末を避ける。できれば、平日を狙う。

繁忙期においても、月末になればなるほど引越し料金は高くなります。特に3月末の最終土日は人気が高いため、一番料金も高くなります。
冒頭のアート引越しセンターの単身パックを例に挙げると、
3月末午前便:97,929円
その1週間前:65,286円
引越し料金に約3万3千円も差があります。月末に近づけば近づくほど高くなりますので、出来れば月末は避けた方がよいでしょう。

ポイント3:早めに予約する。

引越し業者によりますが、1カ月以上前に予約することで、「早期予約割引」「早割」を適用することが出来ます。引越し日の1ヶ月以上前に引越しの契約をすると引越し料金を10%OFFにしてくれます。早めに予約することで、引越し業者側が予定を立てやすいため、安くしてくれるのです。
業者によっては、2カ月前の予約で30%OFFとしてくれるところも。引越し業者に早期予約での特典がある確認してみると良いでしょう。

ポイント4:大手の引越し業者ではなく、中小の引越し業者と契約する。

大手は様々な企業や不動産業者と契約していることが多く、繁忙期においては、自ら営業を掛けなくても、自然と企業・不動産業者経由で引越しの依頼が来ます。むしろ、依頼が来すぎるために人手が追い付かず断るぐらいです。閑散期であれば、引越しをする人が少ないために客の奪い合いになり、利益を削ってでも客を取ろうとしますが、繁忙期は引越しの依頼がひっきりなしに来るために、安くする必要がなく、むしろ稼ぎ時として利益を載せていくので大手の引越し業者は高くなる傾向にあります。

一方で、中小の引越し業者は知名度や契約している企業・不動産業者の数で大手に負けているため、自ら営業を掛けないと繁忙期においても契約を取ることが出来ません。このため、中小の引越し業者は大手の引越し業者ほど料金を上げることが出来ないため、安くなるのです。繁忙期に引越しを行うのであれば、中小の引越し業者がねらい目です。なお、当サイト一押しの引越しのムービングエスは中堅の引越し業者です。下記の記事を参考に繁忙期の引越し業者選びをご検討下さい。

低料金で評判が良い「引越しのムービングエス」詳細情報
低料金で兎に角作業が早い、「引越しのムービングエス」はリピーターも多く、評価が高い引越業者です。 大手に比べ、知名度は低いものの、Gマーク認定および引越安心マーク認定事業
引越しのムービングエスの評判・口コミ詳細情報まとめ
本サイト一押しの引越し業者である「引越しのムービングエス」の評判・口コミはどうでしょう? 「引越しのムービングエス」を利用して引越しを経験した方計10名からの口コミ情報を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です