簡単!今すぐ出来る引越し料金を安くする4つの方法

0a1ceb8dea25b0f1b9b43ade8e93ce60_s

新生活に向けた準備に何かとお金がかかるため、引越し料金を安く済ませたいと誰もが思うことでしょう。
そこで、引越し料金を安くすることが出来る簡単な4つの方法をご紹介します。

方法1:引越し業者に訪問見積もりに来てもらう
方法2:引越し業者と値引き交渉を行う
方法3:引越し時期をずらす
方法4:引越しの荷物を減らす

方法1:引越し業者に訪問見積もりに来てもらう

先の記事でも書きましたが、引越し料金を安くするためには訪問見積もりを行うべきです。

訪問見積もりって必ず行うもの?引越し料金を安くするための訪問見積もり徹底解説!
訪問見積もりとは、引越し業者が退去先の住居を訪れて、家具の大きさや荷物の量、住居の立地を目でみて確認しながら見積もりを行うことです。 引越し業者へのインタネットや電話での

電話やインターネットのみでの見積もりでは、引越し業者が正確な見積もりが出来ないために、料金が高くなることは間違いないでしょう。また、次の方法2で紹介する値引き交渉で大幅な値引きが成功するのも訪問見積もりだけです。電話でも値引き交渉が出来なくはないですが、引越し業者は、一度も会ったことがない人には信頼が置けないでしょうから、大幅な値引きは難しいと思います。
当サイトおススメの「引越しのムービングエス」ならば、すぐに訪問見積もりに来てくれるので、まずはホームページからお申込みください。

方法2:引越し業者と値引き交渉を行う

引越し業者から提示された見積もりを鵜呑みにするのではなく、そこの価格をスタートと考え、値引き交渉を行いましょう。引越し業者側は値引き交渉される前提で見積もりを提示してくることが多いため、値引き交渉には応じてくれるでしょう。

値引き交渉としては、下記の3ステップで交渉すると断然安くなります。

ステップ1:想定価格よりも高い旨を伝えて安くしてもらう

引越し業者から見積もりを提示された時に、まずは『思っていたよりも高いのですが、安くなりませんか?』と伝えてみましょう。先ほど記載した通り、引越し業者は値引き交渉される前提で余裕を見た料金を提示してくるため、まずはジャブ程度に軽く話してみると思いのほか安くしてくれるはずです。

ステップ2:さらに安くするための条件を引越し業者にヒアリングする

引越業者側に『さらに安くするためにどうすればよいか?』をヒアリングすると良い返事が返ってくることが多いです。日にちを変える、時間帯を変える、段ボールを中古のものにする等で安くするための提案をしてくれるはずですので、快諾して安くしてもらいましょう。特に、朝からの引越しを希望する客が多いことから、午後便や夕方便にすると引越し業者の空き時間を有効活用できるため安くしてくれることが多いです。

ステップ3:この場で決めるからさらに安くしてと言う

ステップ1、ステップ2で割引してもらった上で、最後の一言です。
『これから他の引越し業者の訪問見積もりを予定していますが、さらに割引してくれれば、そちらを断って即決します』
引越し業者側も訪問見積もりに時間を掛けていることから、訪問見積もりの際に契約を取りたいのは間違えありませんので必ず値引きしてくれるはずです。

私の場合は、上記のステップ1~3の手順で値引き交渉を行い、引越し日を平日、時間帯を引越し業者にお任せに(フリー便)した上で、通常無料でくれる段ボールを中古品(といってもかなり綺麗なもので、半分は新品もくれました)にすることで、当初見積もりよりも3割程度割引してくれました。

方法3:引越し時期をずらす

引越し時期をずらして引越し業者の閑散期に申し込みましょう。
引越し業者は、3月~4月上旬が一番の繁忙期です。他にも9月末、12月末も繁忙となることが多いです。月内では月末・月初、週内だと、土・日・祝日、時間帯では「午前中」、六曜では「大安」が繁忙となります。
まとめると下記の通りです

料金が高い時期 3月~4月上旬
(そのほか、9月後半、12月後半も比較的混雑となる)
料金が最も高い日 月末日、月初日
料金が最も高い曜日 土・日・祝日
料金が最も高い時間帯 午前
料金の高い六曜 大安

このため、引越し繁忙期以外の平日の午後、かつ仏滅の日を狙うと料金が安くなります。閑散期を狙ったうえで、『引越し業者側の都合に合わせるから安くして』と言えば、値引き交渉は成立しやすいと思います。

方法4:引越しの荷物を減らす

引越しの際に不要な荷物を処分することにより、引越しに必要なトラックのサイズダウンや作業人員を減らし、引越し業者の見積もり料金を抑えることが可能です。
注意点として、段ボール数箱程度ではほとんど料金が変わりません。運搬時にかさばる自転車や大型家具、家電等を事前に粗大ごみやリサイクル業者で処分してもらったうえで、引越しに臨むのをお勧めします。特に、重たい荷物(エアコン・家具・冷蔵庫・洗濯機・ピアノ等)は料金が高くなりますので、不要な物は引越し前に処分してしまえば、無駄な費用を抑えられます。また、エアコンやピアノの設置は有料オプションとなることがほとんどですので、不要であれば早めに処分してしまいましょう。

ちなみに家具やピアノなどは、粗大ゴミとして捨てずにネット買取業者やリサイクル業者に出せば、結構な値段で売れることも多いです。家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコン等)は、発売してから5年以内の製品であれば、業者が高く買い取ってくれます。他にも洋服や本・DVD・ゲーム等、思わぬ金額で買い取ってくれることがあります。
下記に簡単に申し込めるネット買取業者を紹介しますので無料査定をしていかがでしょうか?

送料・査定料無料!古着の買取なら【トレファクスタイル】

ピアノ買取【ピアノパワーセンター】

ブランド品・時計・金・フィギュア売るならネットオフ♪

使わなくなった本・CD・DVD・ゲーム売るならネットオフ♪

PC・家電の高価買取『買取けんさく君』


以上、今すぐ出来る引越し料金を安くする4つの方法の紹介でした。
いずれも簡単な方法で事前の準備・手続きは不要です。引越しを検討している方は試してみてください。

引越し料金を安くするためには、料金が安い引越し業者を選ぶことが重要です。
そこで、引越し料金が格安にも関わらず、サービス満点・評判が良い「引越しのムービングエス」はいかがでしょうか?「引越しのムービングエス」に興味がある方はより本ページのリンクより見積もりをお申込みください。ホームページからのお申込み引越し料金が10%OFFとなるお得なキャンペーンを実施中です。

moushikomi_2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です